ALL FOR ONE

アクセスカウンタ

zoom RSS 防寒対策 「スクーター防寒レッグカバー」は要注意!?

<<   作成日時 : 2011/04/17 17:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

東北地方太平洋沖地震で被災された皆様に
心よりお見舞い申し上げます。


暖かくなってきました。


前年のシーズンでは防寒対策としてスクーター用のレッグカバーというものを使っていました。結論から先に述べてしまいますと、「スクーター用防寒レッグカバー使わない方が良い(と思う)」と言うことです。
これはいったいどういうことなのか?詳しく述べていきたいと思います。
(こんな事をブログに載せるとメーカーからクレームが来てしまうかもしれませんが)

スクーターをはじめとする二輪車で通勤をされている方にとって、真冬の防寒対策は関心の高い事の一つです。二輪車用防寒アイテムは色々あります。自分の考える最も重要な防寒アイテムはなんと言ってもハンドルカバーやグリップヒーターなどの手や指を冷やさないためのものです。その次がウインドシールド(風防)です。用品としてはこんなもんでしょう。
次に防寒服ですが、これは革・ナイロン製などの風を通さないものが鉄板となります。基本的にはバイク用品店なら一通り揃うでしょう。それ以外の服屋さんでは最適な防寒服をそろえるのは難しいかもしれません。自分の防寒対策についてはこちらにブログで紹介しているのでご興味があればご覧ください。

ウインドシールド+グリップヒーター+ナックルガード+防寒服+防寒パンツの組み合わせは防寒としては非常に効果を発揮しました。ただ一つだけ困ったことがありました。それは防寒服を脱いだり着たりしなければならないことです。
防寒服(とくにパンツ)を脱いだり・着たりというのは結構面倒ですしそれだけで少し時間をかけてしまいます。「それくらい大したことではないのではないか?」と思うかもしれません。確かに、重要な問題ではないでしょう。しかし、普段生活しているとこういう小さいことでも目につくようになるものです。会社へ出かけるなど時間に制約がある場合は特にそうです。

想像してみてください。「サッと乗って、サッと降る」のと「(防寒)パンツを履いて乗って、降りてパンツを脱ぐ&しまう」ではどちらがいいですか?もし、前者の選択肢があるならばそれを選択しない理由はありません。その回答がレッグカバーだったのです。

レッグカバーがどういうものか、画像などを確認すれば詳細について説明する必要はないでしょう。見ての通りです。防寒性能とては「防寒パンツよりは寒い」です。これは、(恐らくですが)足をつくために足下に隙間があり、走行中はそこから風が入るためです。これはまあ仕方がないでしょう。
しかし、レッグカバーは思わぬ効果もありました。それは雨対策です。雨の日でもレッグカバーのおかげでレインスーツは上半身のみですみました。隙間があるので全く濡れないというわけではありませんし、雨の量にもよりますがパンツを履かなくて済むのでとても楽になりました。

以上まとめると、
・「サッと載り、サッと降りる」の実現
・ある程度の防寒性
・雨対策にもなる

と、これだけ見るとメリットばかりです。実際、運用している間デメリットと感じることは一つもありませんでした。それでは何故「レッグカバーは使わない方が良い」のか。それは、長時間使用しているとレッグカバーがこすれてカウルに傷がついてしまうからです。
今春、随分温かくなってレッグカバーも必要ないだろうということで4月初め頃に外しました。唖然としました。カウルにこすれた跡がついているのです。跡というより傷に近いかもしれません。

画像
画像画像


「それならテープのようなもので保護すれば良いのではないか?」と思われるかもしれません。確かにその通りです。レッグカバーを使用するならこすれる箇所にテープか何かで保護しなければいけません。そして、使用中はテープが剥がれていないか?破れていないか?を定期的に確認する必要もあります。しかし、自分の場合は後の祭りです。

以上です。次シーズンに防寒対策としてレッグカバーを検討されている方の参考になれば幸いです。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
レッグカバーをフォルッア(白色)・カブ110・リード110と三台乗り継ぎ 全てに冬は装着しております
車体側の傷対策に透明なシール(プロテクトシール・車体保護シール)が、お勧めです。
このシール元々バイクのタンクやカウルの傷保護用品
です。
くま
2013/08/05 07:25
とても参考になりました。今年の冬は寒いのでバイク乗りのの通勤は辛いのでレッグカバーの購入を検討してましたが良い情報になりました。どうもありがとうございます!
tws615
2013/12/18 23:56
高いのはそうかもしれないけれど。安い奴は傷つかないよーカッコ悪いけどな!!
  
2014/02/14 15:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
防寒対策 「スクーター防寒レッグカバー」は要注意!? ALL FOR ONE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる